coo's BL memo

読んだ小説や漫画などの感想。たまに映画も。
BLがメインですので苦手の方御注意を。
基本的にネタバレありです。
<< 奈良千春さん挿絵リスト | main | 唇で壊される。 (SHY NOVELS 195) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
つまさきにくちづけを (SHY NOVELS 187)
またまた新しい作家さんです。
BL本も結構読んでるつもりですが、まだまだですね。
今回も挿絵で選んだのですが、佐々木さんのイラストが素敵。
とくに表紙のカラーが最高です。
ベットでアンニュイしてる感じが萌えでした。表紙には絡みないこれぐらいのがベストだなぁ〜。露出度なさ過ぎるのも物足りないし。
でも、口絵はなぜ?ってぐらいそっけないものでした。なんであれなんだろう。露出度が低いという次元じゃないです(笑)
雰囲気はいいし、この方のイラストだとこういった情緒的イラストも合うけど、やっぱ物足りない。

話は結構珍しくアメリカが舞台。そんでもって、天才ダンサー×元天才ダンサーの人気振付師とちょっと変わったお仕事。年齢はダンサーが19→20歳で振付師が27ぐらいだっけなぁ。アメリカ人年下攻めエースとベビーフェイスならずハニーフェイスの日本人リツ。

出会いは読んでいる最中はとくにおかしくは無いんだけど、読み終わったあと、エースの事がわかると、エースの行動に?マークが浮かぶ。憧れ続けた相手を目の前にしてなぜ睨む?なぜつんけんな態度になる?いくら不器用といってもチョットおかしいんじゃ?って思えて仕方ない。
リツは最初のイメージが読んでいくうちにどんどん変わってく。気難しいアーティストタイプかと思ったらそうでもない。気にいった男ならすぐ寝ちゃうような感じかと思ったらそうでもないらしい(まぁ、そんな受けはBL世界にはあんまりいないが)

話が進むにつれて二人が隠している心が暴かれていって、面白かった。
ダンサーとの恋に一度失敗してるからもうダンサーとの恋はしないと決めてるはずなのに魅力的なエースに惹かれて、どうしようもないリツが今後どうなっちゃうのかちょいハラハラしつつ。二人とも想いを隠してるからすれ違っていってもどかしいような。エースもちょっと素直になればいいとこを。

予想以上にリツの素顔が見えてきたら一途で魅力的で萌えた。最後も上手くまとまっててちょっと当て馬な女の子がかわいそうだったけど、ま、BL小説だから仕方ないね。エースも好きだけど、リツはもっと好きって言ってた台詞にはホロってきたよ。
| coo | BL小説・た行(橘紅緒) | 11:52 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 11:52 | - | - |









      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

このページの先頭へ