coo's BL memo

読んだ小説や漫画などの感想。たまに映画も。
BLがメインですので苦手の方御注意を。
基本的にネタバレありです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
セラピストは眠れない/
評価:
砂原 糖子
幻冬舎コミックス
¥ 580
(2008-01-18)

 トラウマ抱えた自分の気持ちに素直になれない(ってか鈍感?)受けって砂原さんの受けによくあるパターンのような。
たまたま私が読んでる本で続いてるだけ?
そんな受けに対して、全てを把握して許しちゃうような大人の攻めが相手じゃなくて、今回は一緒に手探りで進んでいく感じの攻めでした。
出会いが出張ホストとお客様っていうのがちょっと面白いな。
その関係から始まっちゃったから徐々に互いに引かれていっても、客とホストという関係がどうしても放れられなくて気持ちがすれ違っちゃったりして。
最初の頃は何考えてるかよくわからない無表情っぽい受けがドンドン攻めに惹かれていって可愛くなっちゃうのが良かったです。
| coo | BL小説・さ行(砂原糖子) | 13:27 | comments(3) | - |
センチメンタル・セクスアリス

 どうしよう、久々に読んだ、こんな駄目受(笑)
とくに前半の自分に告白してきた相手を奴隷扱いする感じが圧倒されます。どうしようもない。
こんなにも人の好意の上に胡坐をかいて座ってるような人間が不幸にならないはずが無いって感じに、いつ顔だけのこの子が追い詰められるんだろうとドキドキしながら読んでました(笑)
立場逆転でひっくり返った時は爽快!攻め受けの立場が逆転してる本は数冊よんだけど、受けが振られちゃうってのも面白いな。
でも、なんか憎めない子なんだよなぁ、春巳は。なんか可愛く思ってしまう。
面白くて気がついたら読み終わってました。
挿絵がエロ可愛いです。受けの涙が可愛すぎて萌えました。(変態)

 

| coo | BL小説・さ行(砂原糖子) | 13:27 | comments(0) | - |
真夜中に降る光
評価:
砂原 糖子
幻冬舎コミックス
¥ 580
(2006-05-16)

「夜明けには好きと言って」の作品のスピンオフ。まさかいじめっ子の金崎が受けになって登場するなんて思わなかった。
トラウマ抱えてるキャラは好きなんだけど、金崎タイプはあまり好きじゃない。
たしかに、野生の猫が人になれなくてつねに毛をおったててる感じで可愛いっちゃ可愛いのかもしれないが。ツンデレっぽく。
ただ、過去のトラウマのせいで外に向けて攻撃的になってる人より、内側にこもってしまう人の方が好きなんだよねぇ。
攻めがとにかくいい奴で、こんな奴いるかよって思った。こんな奴に拾われたい(笑)
最後まで読んで、とにかく攻めのこの一言でおちました。不覚にも電車の中で泣いてしまったよ(苦笑)
「君があんまり捻くれてるから、自分に都合の悪い事は全部君の嘘に思える」
素直になれない受けの行動について、こんな風に答えた攻めの懐の深さに乾杯です。
それにしてもエッチがエロいよ!
| coo | BL小説・さ行(砂原糖子) | 13:25 | comments(0) | - |
夜明けには好きと言って
評価:
砂原 糖子
幻冬舎コミックス
¥ 580
(2005-09-15)

 ホスト×ホストで再会もの・・・になるのかなぁ。
ホストだけど純愛ものです。凄くいい話。
受の過去が可哀想。
継母にいじめられて顔コンプレックスで人の目をみて話せない。いつも顔を伏せていて地味で陰気くさい子。信じてた相手にも裏切られて散々だった学生時代。そんな生いたちのせいで、事故をきっかけに顔を整形して、新しい人生を送ろうとするのはありだと思いました。
生まれ変わってホストになって昔自分を裏切った奴に再会して、そして復讐してやるつもりで・・・。
でも素が真面目でいい子で相手を傷つけようとしながら自分も傷ついている感じがあり切なかった。
そして、この攻めも寡黙で純情でいい。受けに振られて呆然と家前でなく男前!たまらんくま!
ずっと両想いのはずだったけど、すれ違いでなかなかくっつくことができなかった二人が結ばれた時には拍手喝采を送りたいと思いました。
一葉、幸せになりなよぉって切実に思う。
一葉は生まれ変わりたかったわけじゃなくて自分を好きになりたかったんだなぁって整形のくだりを読んでて思いました。
それにして砂原さんは登場人物の心理描写をかくのが抜群にうまいなぁ。
全然萌える設定萌えるキャラじゃなくてモリモリ続きが読みたくなっていきます。
| coo | BL小説・さ行(砂原糖子) | 13:24 | comments(0) | - |
ミスター・ロマンチストの恋
 いわゆるオトメン。りりしくかっこいい生徒会長だけど、心は乙女。
うーん、話的には面白かったけど、オトメンにはあまり萌えない。
ロマンチストなとことか可愛いけど、とにかくネガティブすぎる。
あまりに謙虚で自信なさすぎるのも問題だなぁ。
もう少し自分を好きだっていってくれた相手の気持ちを考えてあげてー。
まぁ、でもコンプレックスだから仕方ないのかも。


でも千野君(受)のロマンチストっぷりがほんと凄くて笑えました。
最初は千野のあこがれから始まった恋だけど、徐々に有坂君(攻)が千野に好きになって行く過程が無理なく書かれてて面白かった。
たしかに、千野は可愛い。あんな人いたら可愛くてたまらんと思う。
そして千野君のぶつが立派ってのに非常に笑いました。恥ずかしがる千野、可愛すぎるんだけど。
千野の幼馴染の藤木くんは、千野の背中押すだけのキャラなんですかね?
美少女のような可憐な外見で凶悪な性格(まさにオトメンと正反対!)。
読んでる限り男と恋愛はなさそうだけど、スピンオフでは出てないですよね〜?
| coo | BL小説・さ行(砂原糖子) | 13:21 | comments(0) | - |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

このページの先頭へ